正月休みにノートPCを購入する

仕事のPCで悩んでいることがあって、それはオフィスや自宅と、モバイルとの使い分けがイマイチであること。いままではずっと会社のデスクトップで仕事をやってきたのですが、最近になってノートPCをカバンに入れることが多く、ある程度のスペックを持つ機種に買い替えを検討するようになってきました。

数年前に、酔って寝てた墨田区のベンチでカバンごとノートPCを盗まれたことがあって、それからはたまに11インチのthinkpad x121を使っています。このx121が曲者で、CPUが非力でもメモリを6GBにしてあるし、64bitでVM Playerなんかも動いて、そこそこ使えてしまうのです。

カフェでノートPCを開く際はx121で重宝しているのですが、さすがにすべての業務をこなすことは厳しく、また、どこのカフェでもノートといえばmacbook airなので、薄いのが欲しいなあと。とはいっても、OS X環境にする必要もないので、AcerやASUSあたりのWindowsノートをヨドバシで見てみました。

台湾のAcerやASUSだと軽くて薄くて値段もそこそこで、目的にかなうのですが、問題はキーボード手前のタッチパッド。最近のタッチパッドは大きいので、すぐに誤動作しそうです。ヨドバシの店頭でしばらく触っていたのですが、どうにも違和感があり悩んでいると、店員が「いまの機種は何ですか?」と尋ねてきたのでthinkpadだと答えたら、それだと移行した後に不満が確実に出ますよーと言われちゃいました。

x121で不満なことと、これから欲しいスペックを考えてみると

  1. ノートを開いた時のWindows休止状態からの復帰時間を短縮したい
  2. vagrantを起動するときに時間を短縮したい
  3. 11インチよりちょっと大きくしたい
  4. 通勤カバンはTUMIをやめて軽いものにしたので、ノートPCの重量に神経質な訳ではない

そして、実際にノートPCはどこで使っているかというと

  1. ジョナサン・・・ドリンクバーの紅茶がティーバッグではなくて、ポッドで入れることが出来るから
  2. ルノワール・・・wifiが3時間まで無料でコンセントも使えるから
  3. スターバックス・・・wifi無料だから

以上のことからすると、core i3以上のCPUでディスク起動が高速、バッテリーは3時間程度でOK、重さも1.5kgで問題ないことになり、結局thinkpadシリーズに戻ってしまいます。

我が家は長男がthinkpad x240、次男がx250の最新モデルを使っているので、子供と同じ機種だと新鮮味がありません。そこで、改造したノートPCにすることにしました。

ベースとなるノートは中古で仕入れたCPUがcore i5のthinkpad x220。キーボードが英語仕様です。

改造したのは

  • HDDをSSDに換装。transcendの256GB SSDがamazonで1万円を切っていました
  • ヤフオクでWindows7 64bitのリカバリを落として入れ替え
  • メモリを4GBx2枚の合計8GB
  • キーボードのドライバを英語対応に変更

SSDに換装してからのシステムリカバリにかなり時間がかかりましたが、目的にかなったノートPCが出来ました。SSDは快適で、これだったらx121もSSDに換装したいです。でも、それだと買い換えする必要がなかったかも。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中