Asiaの方がすすんでいるよね

クリスマス休暇でマレーシアに行ってきました。ランカウイ島でのシーカヤックの後で、ズボンのポケットに入れておいたスマホをうっかり海底に・・・・

海に沈んだAndroidは4.2でしたし、挿してあるSIMはiijmioで再発行手数料が無料、となるとスマホ本体をマレーシアで買えばいいことです。クアラルンプールの繁華街にある電脳ビル「Plaza Low Yat」にはスマホからPCまで、あらゆるお店が揃っていました。

とりあえずビル内で1万円札を372リンギットに両替して、あちこちの店をのぞいてみると、AsusのZenfoneGOが350リンギットで買えそうです。これに純正ケースと画面フィルムを20リンギットで追加して合計370リンギット、つまり1万円でお釣りが来ました。純正ケースだけでも日本では2千円以上するはずなので、いかにマレーシアが安いかわかります。

電脳ビル「Plaza Low Yat」からホテルまでは地下鉄で帰りましたので、駅の構内にあった露店でSIMを25リンギット(700円弱)で買いました。これで通信も問題ありません。妻のスマホもDualSIM機なので、私のスマホが没したあとはランカウイ空港で30リンギットのSIMを購入しました。

クアラルンプールでは、ほとんどの人がUberやGrabでタクシーを呼んでいます。メーターの改ざんもなくて安心です。レストランの予約もfacebookのチャットで可能ですし、ネットを使った安いインフラを実感しました。またマレーシア再訪するかも知れません。

ちなみに、マレーシアの現地SIMではAndroid端末でのカメラシャッター音はオフに出来ます。日本のSIMを挿せばシャッター音はオフに出来ないはずです。

p_20161224_1536041

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中