保持力ってなんだろう?

コロナの自粛で毎日自宅にいます。ボルダリングジムにも行けず、仕方ないので鴨居の縁でフィンガートレーニングできるかと思ってやってみたところ、一回くらいは懸垂できるんです。ただし、鴨居に掛けた自分の指がカチ持ちなのが非常に気になります。

カチ持ち(ハーフ・クリンプ)は指の第二関節を直角に曲げて親指でサポートする持ち方ですが、指を痛めやすいのでフィンガーボードトレーニングではオープン持ちでやれと世間では言われています。いままでハーフクリンプとオープンの違いをさほど意識したことがありませんでした。

YouTubeでEric Horstの解説を見ると、フィンガーガードではフルクリンプは絶対にやってはいけないとなっていて、オープンとハーフでトレーニングしています。

Paul Robinsonが@rockentryと@geekclimbに教えている動画だと、@rockentryはオープン持ちですが、@geekclimbはハーフクリンプで荷重を掛けているので指がツラそうです。

そういえば、@rockentryのOswaldoはスローパー課題が好きなのですが、スローパーでオープン持ちが鍛えられているのかも知れません。

日本だと、さとしさんのYouTubeが参考になります。

で、あらためて「保持力ってなんだろう?」と考えると、オープン持ちの第一関節(DIP関節)で自重を支えることが出来る力なのではないかと。ジムが再開したら、避けていたスローパーも練習しようと思います。

自宅の鴨居に話を戻すと、オープンでぶら下がるためには、小指が完全に縁から離れます。従って人差し指・中指・薬指の3本持ち。いまのところ、このオープン持ちだと、耐える力はハーフクリンプにかないませんが、いつか懸垂出来るようになりたいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中