保持力ってなんだろう?

コロナの自粛で毎日自宅にいます。ボルダリングジムにも行けず、仕方ないので鴨居の縁でフィンガートレーニングできるかと思ってやってみたところ、一回くらいは懸垂できるんです。ただし、鴨居に掛けた自分の指がカチ持ちなのが非常に気になります。

カチ持ち(ハーフ・クリンプ)は指の第二関節を直角に曲げて親指でサポートする持ち方ですが、指を痛めやすいのでフィンガーボードトレーニングではオープン持ちでやれと世間では言われています。いままでハーフクリンプとオープンの違いをさほど意識したことがありませんでした。

YouTubeでEric Horstの解説を見ると、フィンガーガードではフルクリンプは絶対にやってはいけないとなっていて、オープンとハーフでトレーニングしています。

Paul Robinsonが@rockentryと@geekclimbに教えている動画だと、@rockentryはオープン持ちですが、@geekclimbはハーフクリンプで荷重を掛けているので指がツラそうです。

そういえば、@rockentryのOswaldoはスローパー課題が好きなのですが、スローパーでオープン持ちが鍛えられているのかも知れません。

日本だと、さとしさんのYouTubeが参考になります。

で、あらためて「保持力ってなんだろう?」と考えると、オープン持ちの第一関節(DIP関節)で自重を支えることが出来る力なのではないかと。ジムが再開したら、避けていたスローパーも練習しようと思います。

自宅の鴨居に話を戻すと、オープンでぶら下がるためには、小指が完全に縁から離れます。従って人差し指・中指・薬指の3本持ち。いまのところ、このオープン持ちだと、耐える力はハーフクリンプにかないませんが、いつか懸垂出来るようになりたいです。

幸田露伴とケン・フォレット

一昨年からノルディックウォーキングというものを始めました。きっかけは健康診断で血糖値が若干高いことから健保組合から「糖尿病予防セミナー」の案内が来たからです。ちなみに、セミナー受講後から一年で5キロ痩せました。

毎月、平日夜にfacebookで仲間を集い、都内をノルディックウォーキングしています。先月は年明け七福神巡りということで、下谷七福神と谷中七福神をミックスして2時間で回りました。

七福神巡りの最後は谷中の天王寺。かつて五重塔のあったところです。残念ながら生まれた時には五重塔は焼失し、見たことはありません。せっかくなので、これを題材とした幸田露伴の小説「五重塔」を読んでみました。妻が幸田文を読んでいたのもきっかけです。

青空文庫にあるのでkindle端末で読み始めてみると、20才台で書いたとは思えない幸田露伴の教養の高さが伺えます。明治の小説ですから読みにくいのかと思っていたら、すらすら読めてしまいました。

「はて、なんか高い建物に挑戦する大工の話を読んだことあるなあ」と思いだしてみたら、ケン・フォレットの「大聖堂」でした。ケン・フォレットは「鷲の翼に乗って」を読んで以来、かなりハマっていたことがあります。

このブログを書くにあたってアマゾンを見たら、2007年に「大聖堂」の続編が出版されていることに気がつきました。今月桜が咲くころに、谷中のカフェで続編を読みたいと思います。

Amazon Echoを車に設置してみた

昨年秋から我が家にやってきたAmazon Echoには毎晩ビル・エヴァンスをリクエストしていて、テレビも見なくなったし、なかなか快適な生活を送っています。

最近、義母が入院したのですが、病院までよみうりランドの丘を越えねばならず、車での往復が毎日のようにあります。最初はラジオを聴いていたものの、あまりにもJ-WAVEがくだらないし、Echo Dotが抽選に当たり3,980円で買えたので、Echo Dotを車に設置することにしました。

Echo DotはUSB電源で動きますので、シガーソケットから取れば電源はOK。問題は通信をどうするか。

Alexaは意外と帯域を使っており、当初はiijmioの通信量がカウントされない200Kbpsで運用するつもりでしたが無理でした。次に3G接続だと速度が1Mbpsを切ることがあり、4G/LTEでないと安定しないようです。

したがいまして、4G/LTE対応のUSBドングル型SIMフリールーターを使うことにしました。これだと、iijmioで約7Mbpsの速さが出ます。

車のコンソールボックスにシガーソケットとAmazon Echo、USBドングルを入れればお終いなのですが、カーステレオのBluetooth接続でトラブルが・・・
Amazon Echoはパスコードが必要なBluetooth機器とは接続できませんでしたが、試しにパスコードを0000にしたら無事接続。これでAmazon Echoがカーステレオから使えます。コンソールボックスの蓋を閉めれば盗難の恐れも少ないです。

ちなみにコンソールボックスの蓋を閉めても、AlexaのFar Fieldでの音声認識率があまり落ちないのも驚き。

4G/LTE対応のUSBドングル型SIMフリールーターを車に常備したため、普段の持ち歩きにはso-netの0円SIMを3GのUSBドングルで使うことにしました。最近はどこでもフリーのWifiを使えるところが多くなったので、Wifiルーターを使う時が少なく、0円SIMで充分です。

P_20180302_095803

流星ひとつ

いまはどうなっているか知りませんが、子どもの頃はJR山手線から見ると日暮里駅の脇に昭和の雰囲気を漂わせた小さな飲み屋街が見えました。何かの本で、藤圭子の両親があそこで「流し」をしていたと書かれていたのですが、本当かどうかわからないまま、この話はいつしか忘れていました。

昨年、図書館で沢木耕太郎の「流星ひとつ」の文庫本が新刊コーナーにあって読み始めたら、藤圭子の親子が北海道から上京して住んだのが西日暮里。となると、本当に藤圭子がデビューして大金が入るまで、両親は日暮里の飲み屋で流しをしていたのでしょう。

文壇のパーティーでは、女性に一番モテるらしい沢木耕太郎は、私もいくつか読んでいて「深夜特急」のあとは香港へ何度も行きましたし、「キャパの十字架」では、崩れ落ちる兵士を撮ったのがキャパではなくてゲルダだったとか、近藤紘一の本を編集したのがやっぱり彼だったとか、取り上げるテーマと深い内容には感心するばかりです。

その彼が藤圭子と極めて親しく、そして宇多田ヒカルのために「流星ひとつ」を出版したというのに驚いてしまいました。宇多田ヒカルの休養宣言はこの本が原因かも知れません。最近の宇多田ヒカルは、髪型も母親に似せてきましたし、歌い方も演歌に変わってきているように思います。

今年4月に佐世保へ出張に行きました。佐世保は「長崎は今日も雨だった」の前川清が生まれ育った町です。前川清が一番好きな歌は意外にもアニマルズの「朝日のあたる家」。この曲はアニマルズのオリジナルではなくてアメリカの民謡です。ウディ・ガスリーやレッド・ベリー、ボブ・ディランなどが歌い、アニマルズが大ヒットさせた歌です。

前川清の独特なヴィブラートはデルタブルースが源流なのかもしれません。

小さい時に佐世保基地周辺にある米軍関係者のバーから流れてくる曲を聞いて育った前川清と、旭川から上京して両親が日暮里で流しをしていた藤圭子が結婚したのは、音楽ファンからしてもドラマのようです。

いま日暮里駅を降りると、駅前の駄菓子街も消えて舎人ライナーとなり、昭和の雰囲気が消えてしまいました。隣の鶯谷駅前にあったキャバレーには藤圭子も出演していましたが、それもなくなり、いまは彼女の歌をCDで聞くだけです。非常に寂しい気持ちですが、娘の宇多田ヒカルには頑張って歌って欲しいと思います。

日本酒を飲みながらウケた話2つ

最近、日本酒を飲ませる店が増えて、会社の近くでも47都道府県の地酒飲み放題とか、1,390円で10種飲み放題とか、よく通うようになりました。最初から日本酒なので、かなり酔ってしまい、会話は前半しか覚えていません。その中でウケた話を2つ。

  • ジャズ終わっちゃったよね話

これは誰と話しても一致するんだけど、マイルス・デイヴィス以降、マルサリス兄弟が出てしまってから、もうジャズはとっくに終わってしまっていて、ライブに行ってもつまんないよねという話。これはまた別の機会に書いてもいいかも。

  • トランプ大統領ってアメリカをピューリファイしたいんだよね話

ずいぶん昔にトランプの自叙伝を読んだことがあって、そんなにハチャメチャではない印象があったのだけど、宣誓式にも自分の聖書を持ち込んだ彼の行動はアメリカをピューリファイすることなんじゃないかと。メキシコから大量の麻薬とカトリック移民がやってくるのも阻止したいだろうし。ちなみに先週来日したマティス国防長官は禁欲で独身、趣味は読書で石原莞爾みたい。トランプ政権のスタッフは勤勉で地味に仕事をするのではないでしょうか。まさにピューリタンの政権に見えます。