流星ひとつ

いまはどうなっているか知りませんが、子どもの頃はJR山手線から見ると日暮里駅の脇に昭和の雰囲気を漂わせた小さな飲み屋街が見えました。何かの本で、藤圭子の両親があそこで「流し」をしていたと書かれていたのですが、本当かどうかわからないまま、この話はいつしか忘れていました。

昨年、図書館で沢木耕太郎の「流星ひとつ」の文庫本が新刊コーナーにあって読み始めたら、藤圭子の親子が北海道から上京して住んだのが西日暮里。となると、本当に藤圭子がデビューして大金が入るまで、両親は日暮里の飲み屋で流しをしていたのでしょう。

文壇のパーティーでは、女性に一番モテるらしい沢木耕太郎は、私もいくつか読んでいて「深夜特急」のあとは香港へ何度も行きましたし、「キャパの十字架」では、崩れ落ちる兵士を撮ったのがキャパではなくてゲルダだったとか、近藤紘一の本を編集したのがやっぱり彼だったとか、取り上げるテーマと深い内容には感心するばかりです。

その彼が藤圭子と極めて親しく、そして宇多田ヒカルのために「流星ひとつ」を出版したというのに驚いてしまいました。宇多田ヒカルの休養宣言はこの本が原因かも知れません。最近の宇多田ヒカルは、髪型も母親に似せてきましたし、歌い方も演歌に変わってきているように思います。

今年4月に佐世保へ出張に行きました。佐世保は「長崎は今日も雨だった」の前川清が生まれ育った町です。前川清が一番好きな歌は意外にもアニマルズの「朝日のあたる家」。この曲はアニマルズのオリジナルではなくてアメリカの民謡です。ウディ・ガスリーやレッド・ベリー、ボブ・ディランなどが歌い、アニマルズが大ヒットさせた歌です。

前川清の独特なヴィブラートはデルタブルースが源流なのかもしれません。

小さい時に佐世保基地周辺にある米軍関係者のバーから流れてくる曲を聞いて育った前川清と、旭川から上京して両親が日暮里で流しをしていた藤圭子が結婚したのは、音楽ファンからしてもドラマのようです。

いま日暮里駅を降りると、駅前の駄菓子街も消えて舎人ライナーとなり、昭和の雰囲気が消えてしまいました。隣の鶯谷駅前にあったキャバレーには藤圭子も出演していましたが、それもなくなり、いまは彼女の歌をCDで聞くだけです。非常に寂しい気持ちですが、娘の宇多田ヒカルには頑張って歌って欲しいと思います。

お笑い東京ノ新聞

最近、MXテレビと東京ノ新聞がにぎやかですが、我が家も実は東京ノ新聞だったりします。

このブログでは過去に新聞として日経か読売を読んでいることを書きましたが、3.11の際に河野太郎が東京ノ新聞をすすめているのを見て、切り替えました。まさか、自分が東京ノ新聞を読むとは思わなかったのですが、福島のことでスクープを飛ばしていたし、試読してみたら東京ノ新聞なのに地元川崎市の情報が充実していたので、そのまま続けています。

東京ノ新聞は前身が「都新聞」で、芸者の水揚げがどうの、といった花柳界の記事が中心の新聞でしたので、今でも踊りや三味線、小唄、歌舞伎などのニュースが充実していて、さして興味もない私でも、詳しくなりました。ちなみに東スポの前身の「やまと新聞」も花柳界の新聞です。

名古屋の中日新聞が都新聞を買収した際に、組合員などを東京に送ったと言われています。本社からすると、左遷コースだったのかも知れません。この経緯からか、現在に至るも紙面はなんでもありです。なんでもありで言えば、SMAP解散ではファンからの1行広告で紙面が埋め尽くされていたりもします。

軍事転用可能な研究資金が大学などに流れるのに対して批判的に書いていたりしますが、すべての技術は軍事技術の転用であり、でなかったら記者が使っているパソコンだって存在しないのです。昔、日本製の東芝ダイナブックが安価に発売されたのは、防衛庁から受託していた東芝が積層基板の技術を横流ししたからという記憶があります。

東京ノ新聞を読むには高いリテラシーが必要に思います。記事を正しく判断するのには、自分の知識や教養を試されるのです。購読料が安いからと言って、安易に取ってはいけないのです。

日本酒を飲みながらウケた話2つ

最近、日本酒を飲ませる店が増えて、会社の近くでも47都道府県の地酒飲み放題とか、1,390円で10種飲み放題とか、よく通うようになりました。最初から日本酒なので、かなり酔ってしまい、会話は前半しか覚えていません。その中でウケた話を2つ。

  • ジャズ終わっちゃったよね話

これは誰と話しても一致するんだけど、マイルス・デイヴィス以降、マルサリス兄弟が出てしまってから、もうジャズはとっくに終わってしまっていて、ライブに行ってもつまんないよねという話。これはまた別の機会に書いてもいいかも。

  • トランプ大統領ってアメリカをピューリファイしたいんだよね話

ずいぶん昔にトランプの自叙伝を読んだことがあって、そんなにハチャメチャではない印象があったのだけど、宣誓式にも自分の聖書を持ち込んだ彼の行動はアメリカをピューリファイすることなんじゃないかと。メキシコから大量の麻薬とカトリック移民がやってくるのも阻止したいだろうし。ちなみに先週来日したマティス国防長官は禁欲で独身、趣味は読書で石原莞爾みたい。トランプ政権のスタッフは勤勉で地味に仕事をするのではないでしょうか。まさにピューリタンの政権に見えます。

神奈川県民からすると知事が変わった東京都がうらやましい

義父が東京都の職員だったことから、我が家には東京都の記念品とかいろいろあって、新聞も東京新聞だし、神奈川県では映らないmxテレビもタブレットで視聴したりしています。

神奈川、埼玉、千葉の東京を囲む3県の知事というのは、ぶっちゃけ誰でも出来る役職だと思います。仕事は東京都を見ていればよいので、何もミスすることがない。

その中では、神奈川県の松沢知事は禁煙化などの独自の政策も実行したりして知事としては仕事をした方だと思います。彼の実績から、大前研一とか石原慎太郎も、次の東京都知事には松沢を推していましたが、3.11があって石原の続投となり、神奈川県知事を辞めた松沢は宙ぶらりんになってしまいました。

3.11の混乱のさなかに神奈川県知事選挙があり、民主党野田の同窓生である黒岩がスルスルっと知事になってしまいました。彼の選挙公約は孫正義と組んでの太陽光発電でしたが、もちろん実現されていません。というか、何もしない知事ならまだしも、自分の公約を否定する知事が誕生したのです。

『日本をダメにしたB層の研究』著者:適菜収
なぜ日本人は「参加」したがるのか? 【後篇】

その次に黒岩知事を見たのは、恋するフォーチュンクッキー の動画です。

 

神奈川県民としては黒岩の続投はないと思うのですが、神奈川、埼玉、千葉の知事というのは東京のやり方を見ているだけなので、繰り返すようですがミスが発生しない。ですので、誰も黒岩知事に突っ込めない。

オリンピックの経費分担で久しぶりに黒岩知事がテレビに出ていましたが、神奈川県にヨット会場を誘致しながら会場の整備費について小池知事にクレームをつけている矛盾に何の疑問も持っていないようです。

東京都が小池百合子になって、来年の都議会議員選挙なども盛り上がると思いますが、東京都民が非常にうらやましいです。

Asiaの方がすすんでいるよね

クリスマス休暇でマレーシアに行ってきました。ランカウイ島でのシーカヤックの後で、ズボンのポケットに入れておいたスマホをうっかり海底に・・・・

海に沈んだAndroidは4.2でしたし、挿してあるSIMはiijmioで再発行手数料が無料、となるとスマホ本体をマレーシアで買えばいいことです。クアラルンプールの繁華街にある電脳ビル「Plaza Low Yat」にはスマホからPCまで、あらゆるお店が揃っていました。

とりあえずビル内で1万円札を372リンギットに両替して、あちこちの店をのぞいてみると、AsusのZenfoneGOが350リンギットで買えそうです。これに純正ケースと画面フィルムを20リンギットで追加して合計370リンギット、つまり1万円でお釣りが来ました。純正ケースだけでも日本では2千円以上するはずなので、いかにマレーシアが安いかわかります。

電脳ビル「Plaza Low Yat」からホテルまでは地下鉄で帰りましたので、駅の構内にあった露店でSIMを25リンギット(700円弱)で買いました。これで通信も問題ありません。妻のスマホもDualSIM機なので、私のスマホが没したあとはランカウイ空港で30リンギットのSIMを購入しました。

クアラルンプールでは、ほとんどの人がUberやGrabでタクシーを呼んでいます。メーターの改ざんもなくて安心です。レストランの予約もfacebookのチャットで可能ですし、ネットを使った安いインフラを実感しました。またマレーシア再訪するかも知れません。

ちなみに、マレーシアの現地SIMではAndroid端末でのカメラシャッター音はオフに出来ます。日本のSIMを挿せばシャッター音はオフに出来ないはずです。

p_20161224_1536041

東京オリンピックは5兆-10兆規模で

以前にこのブログでも書いたのかも知れませんが、石原都知事が最初にオリンピック立候補した理由は経済対策でした。汐留の再開発は、経済対策のもとでどんなデザインであろうともOKにしちゃったものですが、オリンピックであればなおさら規制も一時的に外せたりできますし、都民にとっては、東京オリンピックで日本橋に高速道路が架かったのを、東京オリンピックで外せるのではないか、そんな期待もあったのです。

したがって、最初の立候補の時にはまったく理念がありませんでした。理念どころか、スポーツのこともあまり触れていなかったのです。都庁の役人もこれではマズイと思ったのか、東京マラソンなるものを始めました。

2回目の立候補も、もちろん経済対策以外のなにものでもないんですが、東日本大震災が発生し、復興の理念が転がり込みました。東京のお台場で開催するコンパクトな五輪と東北3県とは、直接の関係は無いように思いますが、ともかく理念が立った。

となると、今回の費用3兆円圧縮という話は、本来の目的からするとおかしいのであります。5兆円いや10兆円でも出すべきなのではないかと思うのです。他の経済対策と違って、オリンピック関連支出は真水が多いので、経済対策としては非常に有効だと思います。

もちろん、五輪が終わってからはとんでもないことです。でも、その頃には都知事も役人もいないので、関係ないのであります。

Chromebookで解決したいろんなこと

いま仕事のメインPCはSSDドライブ化したThinkpadなのですが、持ち歩きがどうも面倒くさいのです。打ち合わせ先に持っていくのは問題ないのですが、ちょっとスタバに入ったり、ファミレスでメールを見たりするのに黒いボディがうっとうしい。薄型ノートを買うという手もあるのですが、トラックポイントに慣れているのと、英語キーボードなので、買い替えるとしてもあまり選択肢がないです。

先日、イギリスがEU離脱のニュースを受けて、円高になったので、前から気になっていたChromebookを物色してみました。米国アマゾンでは、新型ASUSのChromebookがなんと169ドルです。C201モデルはメモリが4GB、SSDが16GBと必要十分で、重さが1キロ切っていて、これなら楽に持ち歩けます。

ASUS C201には3色あって、なぜか赤とネイビーは日本発送不可、ブルーが発送可能なので、さっそく注文しました。https://www.amazon.com/Chromebook-Rockchip-Pearl-White-Light/dp/B01EGBAQXY/

ちなみに、海外で購入してもキーボードがUS版なだけで、購入後のインストールは日本語で案内が出ます。日本語入力も shift-ctrl-space で日本語と英語が切り替わります。

Chromebookは果たして使えるのか?

私は会社も家族もGoogleAppsにドメインを振って使っているので、そもそもChromebookとは相性が良いのですが、心配な点は

  • AWS EC2にsshログインできるのか?
  • Microsoft OfficeはGoogleアプリケーションに変換せずとも使えるのか?
  • VirtualHostで立てたサーバーを見る場合にhostsを編集できるのか?

ということでした。結果的にはEC2へはSecureShellで問題なくログイン可能、Microsoft OfficeファイルはChromeのOfficeOnline拡張機能でMicrosoft OneDriveにエクセルファイルが自動アップロードされるためネイティブで編集可能、VirtualHostsもChrome拡張機能でhostsが解決可能ということで、すべての懸念事項は解決しました。

また、トラックポイントからタッチパッドになることでの操作も不安でしたが、2本指でスクロールとスワイプ、3本指でタブ間のスワイプを覚えてからは違和感がありません。DSC_0226[1]

WifiオンリーのChromebookは外での使用に面倒でないのか?

ノートPCを外出先で使う場合、iijmioのsimを使ってスマホでテザリングしているのですが、Wifiによるテザリングはたまに切れたりして、少しストレスがありました。

今回のChromebookでも、同じくスマホでテザリングしていたのですが、7月からiijmioが2枚目のsimを月額400円で提供したので、あたらめて検討してみると、HUAWEI E8231 というUSBスティックタイプのモバイルルーターを発見。値段がたったの4千円台です。https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00O1FA276/

USBスティックにiijmioのsimを入れてAPNを設定し、Chromebookに挿してみると、Ethernetとして認識されます。挿したと同時に通信が開始されるので、待ち時間がまったくありません。

Chromebookはバッテリーの持ちがすごい

カタログスペックで13時間ですが、本当に持ちます。このため、充電アダプターを持ち歩く心配もなくなりました。

いまでは立ち飲みのカウンターでも、ChromebookとUSBモバイルルーターでネットすることが出来て、気持ちが非常に楽になりました。カバンも軽くなったし、いいことだらけです。