東京オリンピックは5兆-10兆規模で

以前にこのブログでも書いたのかも知れませんが、石原都知事が最初にオリンピック立候補した理由は経済対策でした。汐留の再開発は、経済対策のもとでどんなデザインであろうともOKにしちゃったものですが、オリンピックであればなおさら規制も一時的に外せたりできますし、都民にとっては、東京オリンピックで日本橋に高速道路が架かったのを、東京オリンピックで外せるのではないか、そんな期待もあったのです。

したがって、最初の立候補の時にはまったく理念がありませんでした。理念どころか、スポーツのこともあまり触れていなかったのです。都庁の役人もこれではマズイと思ったのか、東京マラソンなるものを始めました。

2回目の立候補も、もちろん経済対策以外のなにものでもないんですが、東日本大震災が発生し、復興の理念が転がり込みました。東京のお台場で開催するコンパクトな五輪と東北3県とは、直接の関係は無いように思いますが、ともかく理念が立った。

となると、今回の費用3兆円圧縮という話は、本来の目的からするとおかしいのであります。5兆円いや10兆円でも出すべきなのではないかと思うのです。他の経済対策と違って、オリンピック関連支出は真水が多いので、経済対策としては非常に有効だと思います。

もちろん、五輪が終わってからはとんでもないことです。でも、その頃には都知事も役人もいないので、関係ないのであります。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中